• みせる
  • みせる(見せる・魅せる) インテリア
閑谷学校

備前焼技法による窯変瓦が美しい日本最古庶民の学校「閑谷学校」

長州藩の明倫館、水戸藩の弘道館と並び、日本三大学府の一つと称された閑谷学校(しずたにがっこう)は、江戸時代前期に岡山藩の藩主・池田光政によって開設された日本最古庶民の学校。所在地は岡山県備前市閑谷で「旧閑谷学校」として特別史跡に指定され、講堂は国宝に指定されている。使用されている瓦は備前焼の技法を応用した釉薬を使用しない窯変瓦で、1枚1枚色合いが違うのが特徴。建築は2期に分けて行われ、32年の月日を費やした。

【提供元:岡山県観光連盟】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。