岡山県真庭市に建つ真新しい木造の小学校

岡山県北部の出雲と大和を結ぶ要路として栄えた出雲街道沿いに位置する美甘小学校。
周囲を山々に囲まれ緑豊かな場所にあり、岡山県北特産の“みまさか桧”の産地で建築されたRC造と木造の併用構造による2階建て校舎です。

真庭市の美甘小学校の外観(KES工法)

敷地は5mの高低差の形状で、これをうまく利用して1階をRC造とし半地下状に埋め込んであり、2階部分は木造となっている。これにより全体のボリュームを押えこむことが可能になり、北側道路からは木造平屋建の校舎に見える。

背後に迫りくる山々の風景に建物を呼応させるように、建物は細長い4寸勾配のボリュームに、10寸勾配の切妻屋根と、多目的ホールの八角形の屋根とを組み合わせて配置されている。
そして中央の切妻屋根の端部を斜めに切り落とし、軒を屋根より緩やかな7寸勾配の角度で仕上げていくことで、軒に用いた地場産の羽目板が瓦の勾配屋根を視覚的に引き立たせている。

真庭市美甘小学校 KES工法多目的ホールの八角形の屋根

内部空間は、木の鮮やかさを最大限引き出せるよう木部以外の色彩が可能な限り排除されているが、光の拡散の程度を調整し暗い空間となってしまわないような木材の使用割合も秀逸である。

教室も木の暖かさに触れることができる
KES工法でできた真庭市美甘小学校の廊下のトラス

またKES構法による広がりのある木ならではの暖かみは子どもたちにも大好評。廊下のトラスや多目的ホールの多彩な空間が、子どもたちの新たな記憶の舞台となる。

真庭市立美甘小学校(岡山県真庭市)
1階RC+2階木造校舎[延べ床面積]2,646㎡
45分準耐火構造

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。