事務所に帰るのではなく、事務所が来る時代です

建設現場内によくプレハブの事務所があります。
それは、大きい建物を建てる建設現場で、長い月日をその現場で仕事をする為にあります。

そこまで長い期間の工事でない場合、事務所を建てることはあまりありません。

隙間時間にデスクワークをしたり、打ち合わせをしたり、今までは事務所に帰らないとできませんでした。ですが今は、事務所が現場に“来る”ことができるようになりました。

写真の車はバネットバンという定員は3名程度までと少人数ですが、キャラバンまたはハイエースもあり、こちらは定員7名程度までの大人数での乗車が可能です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。