• つくる
  • つくる(造る・創る)技術・構法

商店街の中に生まれた建設会社

 皆さんは建設会社の社屋と言われてどの様な建物をイメージするだろうか。大手の建設会社であればデザイン性に優れた建物を想像するかもしれないが中小企業の建設会社については小汚いプレハブ等を想像する方も多いのではないだろうか。

今回は町の商店街沿いに新たに出来上がった地元建設会社の社屋について上記のイメージがある中でどの様な社屋になっているのかを紹介していきたい。

今回紹介する社屋は1、2階部がテナントで3階より上階はマンションとなっている。このうち、1階部のテナントを全て買い取り、社屋へと改修を行った。

社屋の全面は公開空地となっていたが以前は各店舗を訪れるお客さんが駐輪をし、それぞれの店舗が配置した植栽等で通行が遮断され美観的にも公開空地本来の機能を果たしているとは言いにくい状況にあった。

社屋に改修するにあたり全面ガラス張りのファサードと内部執務室の間に『パブリックエリア』を設け公開空地との一体化を図っており、空間の広がりを効果的に演出するために社名や社旗のガラス面への表示を避けて受付カウンターのみ設置する等、周辺環境の向上に配慮した快適な都市空間を創造できるデザインとなっている。

応接室

この応接室は重厚感と高級感を重視しつつ、床を濃淡の茶系柄タイルカーペットとすることで濃茶のカッシーナのローテーブルとコルビジェの椅子が引き立つようになっている。

また部屋の閉塞感を和らげるため廊下側にサンドブラストの大型サッシを配置、室内には堀上天井と造作家具に間接照明を設けることで落ち着きのある空間が演出されている。

オフィス

店舗時代に存在していた壁をすべて撤去し見通しの良いワンルームタイプのオフィスとすることで社内でのコミュニケーションを取り易い環境となっている。また壁と天井がオフホワイトでモノトーンな内装の中、床はデスクと通路を濃淡のカーペットで緩やかに仕切ることで開放感のある中でもパーソナルスペースを明確にしている。

トイレ

 心が落ち着く素敵なジャズが程よい音量で流れている高級百貨店のスタイリッシュで洗練されたトイレ。その使用感は、例えようのないほどラグジュアリーで何度味わってもいい。用を足すだけではもったいないとさえ思ってしまうものだ。一方で、会社事務所のトイレといえば無機質で、お洒落のかけらもない。それが世間の相場だが、ここのオフィスにあるトイレは高級百貨店のスタイリッシュさがある。当然ながらトイレの水だけではなく大人のジャズも流れている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。