• HOME
  • 記事
  • ラジオ
  • いいまちおかやま 第15回 渡邉 隆之(ワインショップ&スタンド スロウカーヴ 代表)

いいまちおかやま 第15回 渡邉 隆之(ワインショップ&スタンド スロウカーヴ 代表)

RSKラジオで13:00〜16:00に放送中の「あもーれ!マッタリーノ」のコーナーにワインショップ&スタンド スロウカーヴ代表 渡邉隆之さんが出演されました。

ラジオ収録の様子

奥富アナ:<いいまち おかやま>このコーナーは、いいまち.jpの提供でお送りします。
この時間は岡山の歴史や芸術、衣食住に関連する活動や技術開発などで活躍する企業や人物にスポットをあて、岡山の魅力を発信していこうというコーナーです。

多賀アナ:はい。

奥富アナ:今日は岡山市内にあります大変人気のお店から素敵なゲストにお越し頂いております。ワインショップ&スタンド、スロウカーヴ代表の渡邉隆之さんです。こんにちは。

スロウカーヴ代表 渡邉隆之

渡邉様:こんにちは。

多賀アナ:よろしくお願いします。

奥富アナ:岡山市北区平和町にお店を構えていらっしゃいまして、私も何度か個人的にお邪魔させて頂いております。

多賀アナ:もう人気で、中々入れないとこなんでしょう。

奥富アナ:そうよ、お客さんが割といつも賑わっているお店なんですが、渡邉さんオープンしてどれくらいになるんですかね?

渡邉様:2018年の6月にオープンしましたので、丸2年ちょっと経ったところですね。

奥富アナ:丸2年。お店は何屋さん?まぁワインなんですけど、どういう形態のお店?

渡邉様:基本的にはワインショップの形でワインの小売り販売をしているんですけど、その奥にワインスタンドという形で飲食店の業態で売っているワインを味見してもらったり、選ぶ参考にしてもらえるようなスタンドを併設している形です。

多賀アナ:じゃあワインを味見してもらう為にそういうカウンターを作ったって感じなんですか?

渡邉様:一応基本的にはそうですね。

多賀アナ:へえ~~

奥富アナ:だからお店の形態としては、「おじゃまします」とまずドアを開けるとちょっと縦長になっていて、そこにショップがあるんですよ。ワインがいっぱい。

多賀アナ:両サイドにワインがあって。

奥富アナ:どのくらいのワインを取り扱ってらっしゃるんですか?

渡邉様:そうですね、本数でいうとお店に並べているのは大体2,000本から2,500本ぐらいの間ですけど、小さなお店なのでストックしているものを表に持ってきて並べている感じですね。

奥富アナ:どんなワインを中心に置いてらっしゃるんですか?

渡邉様:はい、産地でいうとフランスとイタリアが中心で、あとは岡山のワインもありますし、日本がいくつかと。あと他の国が1~2割ですかね。フランス・イタリアで大体8割ぐらいのバリエーションで。

奥富アナ:奥の扉を開けて入るとさらに奥にカウンターがあって、渡邉さんが中にいらっしゃる形態ですね。

多賀アナ:じゃあワインの質問なんかしてもいいのですか?

奥富アナ:もちろん!

渡邉様:そうですね。でも最近は暑いじゃあないですか。手前のワインショップがワインを保管する温度で14℃ぐらいの温度になっているんで、涼みに来る人も結構多いです。

スロウカーヴ代表 渡邉隆之

奥富アナ:(笑)

多賀アナ:飲んでなくて、買うんじゃあなくて涼むと。

渡邉様:そうですね。

奥富アナ:いや、めちゃくちゃ涼しいです。

多賀アナ:だってワインの貯蔵庫ってちょっとひんやりしてるじゃないですか。

奥富アナ:14℃ってめちゃくちゃ涼しいですよ。

渡邉様:そうですね、はい。

多賀アナ:やっぱりイタリア・フランスに惚れたんですか?

渡邉様:そうですね。私が元々ワインショップをやる前はレストランで働いてまして、スタートはコックだったんですけど、最初はイタリア料理店で岡山に来てからイタリアンとフレンチで働いてましたので、自分が一番馴染みがある国というのがイタリア・フランスになりますので、そういうワインが多いですね。

奥富アナ:その物語を聞きながら、ワインってそれぞれ物語があるのでこういうワインなんですねって聞くと美味しさも倍増ですよね。

渡邉様:そうですね。

奥富アナ:そういう空間として皆さん楽しんでらっしゃるんですが。大変な時期どうされてたんですか?

渡邉様:そうですね、5月6月あたりは奥のスタンドは閉めさせてもらって純粋に小売販売のみ。

奥富アナ:ショップで?

渡邉様:ショップのみという形でやらせて頂いてたんですけど、結構家飲みをされる方の需要が結構多かったので、逆にじっくりお話してワインを選ばさせて頂いたり、お客様の「今日はこういうの食べたいからどういうのあるかなぁ」というご要望にしっかり応えることが出来たので、それはそれでよかったな、嬉しかったなという気がします。

多賀アナ:私も家飲みでこの3ケ月ワインを毎晩。

奥富アナ:そうですね、おっしゃってましたね。

多賀アナ:飲むようになったんですよ、急になんですよ。今まで手を出したことなかったんで、いや飲んだことはあるけど「これ美味しい」って思うとそればっかり買う様になって。

奥富アナ:そういうきっかけになる様なお話があったり、お薦めが出来ればいいですよね。

渡邉様:そうですね。ワインを飲む動機は人それぞれだと思うんですけど、それぞれそれに対してお薦め出来るワインは色々あるので、そういう情報を気軽に言って頂いたら色々選べると思います。

奥富アナ:お客さんはどんな、まぁ大人の方が多いと思いますが。

渡邉様:そうですね、あくまでも二十歳以上の方。

スロウカーヴ代表 渡邉隆之

奥富アナ:そりゃそうですよ(笑)そりゃ基本ですよ。男性、女性、どんな感じですか?

渡邉様:幅広くいらっしゃいますかね。時間帯がお昼からやってますので、お昼から夕方くらいにいらっしゃるのはご家庭主婦の方だったりとか、夕方から夜にかけてはお仕事帰りの方とかも結構多いですし、ご年齢も幅広いですね。まぁ二十歳から、あくまでも二十歳から上はうん歳まで。

多賀アナ:うん歳まで(笑)

奥富アナ:そりゃそうですよ。お昼からって何時からなさってるんですか?

渡邉様:今は13時から21時という営業時間でやってまして…

奥富アナ:ショップ基本ですもんね。

渡邉様:そうですね、今ちょっとこういう状況なんでその時間帯にしてるんですけど、以前は15時から23時という営業時間でやってました。今だけ前倒しさせて頂いて、13時から21時でやってます。

奥富アナ:この時期ということも鑑みてということでありますが。渡邉さんは元々は岡山にゆかりはある訳では なかったんですね。

渡邉様:そうですね、私自身は千葉県出身でずっと東京のレストランで働いてたんですけど、8年前、妻の生まれがこっちなので家族でこっちに移住してきた形ですね。

多賀アナ:はぁ~~、逆に岡山のことを外から見て頂いて。

奥富アナ:客観的にね。

多賀アナ:俯瞰で見ると色々僕らが気つかないこともあるでしょうね。

奥富アナ:岡山って、どうですか?

渡邉様:岡山、いいですよね(笑)

奥富アナ:言わざるを得ない(笑)

渡邉様:いやいや(笑)、僕千葉出身なんで、ちょっと千葉に似てるとこもあるなって思いながら、ただなんか暮らしている中では、例えば人と人の距離だったりとか、街と山だったり海だったりの距離とか絶妙にいいなって思いますね。お店同士とか街中の規模感もいいですし、自分で理解出来る範囲で想像力をかきたてられるいろいろなことが起こる街って感じです。

奥富アナ:へぇ~~、もうおっしゃることがかっこいい。男前だし。

渡邉様:考えてきた(笑)

多賀アナ:考えてきた?(笑)

奥富アナ:面白い方です。やっぱりお話もお上手でいらっしゃるんですけど。そもそもレストランでお料理を作ってらっしゃって、ワインを専門にしようと思われたきっかけはあるんですか?

渡邉様:お店をオープンする2年とか3年くらい前までは自分で飲食店、レストランがやりたくてずっとこの仕事をしてたんですけど、岡山に来て自分の立ち位置というか人からの求められる部分で、やりたいこと・やれることが変わってきて、レストランで働いている中でいろいろなワインと接する中でワインを造られている人、そういう人たちに凄く興味を持つようになって。
そういう人たちとの間に入るような役割と言うか、橋渡しが出来る仕事が出来たらいいなぁと思ってこういうお店をやるようになりました。

多賀アナ:かっこいいなぁ。まさにこちらに来ていろんな人に出会って想像力をかきたてる、レストランではなくて、ワインのストーリーテラーみたいな感じですね。

渡邉様:かっこいいですね。それいいですね。

奥富アナ:それいいですね~じゃないです(笑)

多賀アナ:ストーリーが今年あってとか色々聞くじゃないですか?

奥富アナ:絶対みんなどんなワインって聞きますもんね。それを答えてらっしゃる姿も。立ち姿もいつもスマートでらっしゃる。

多賀アナ:今お薦めの、この蒸し暑い時にってなんかあるんですか?

渡邉様:そうですね、今はやっぱり、まぁあんまり重たいワインというより微発泡とか、ちょっと軽めのワインを少し冷やして、場合によってはグラスに氷なんか入れてどぼどぼって注いで。

奥富アナ:ありなんですか?

渡邉様:怒る人もいるかもしれませんが、そういうワインの飲み方もありです。

多賀アナ:それこそ想像力をかきたてて、自分なりの美味しい飲み方をすればいい。

渡邉様:そうですね、ほんとその通りだと思います。

奥富アナ:しかも教えてもらえると楽しみが広がるし、苦手だと思っていた方も、「あっ、入ってみたいなこの世界」と思って頂けると素敵だなぁと思います。お休みは何曜日ですか?

渡邉様:お休みは今のところ、無休でやっています。

奥富アナ:働き者ですね。

多賀アナ:お盆も休まないで?

渡邉様:お盆も休まないで、ずっとやってます。

奥富アナ:お昼からね、ワインショップとしてお家にお持ち帰りになって、お家で楽しめるワインも選んで頂けますので。

多賀アナ:私もちょっと寄って、ちょっと相談乗ってもらおう。

渡邉様:是非、是非。

奥富アナ:是非お立ち寄り頂けたらと思います。

奥富アナ:岡山市北区平和町にあります、ワインショップ&スタンド、スロウカーヴ代表の渡邉隆之さんに今日はスタジオにお越し頂きました。この期間は1時から9時までオープンされているということです。
さあ、いつも思い出の一曲をご紹介頂いているのですが、今日はどんな曲ですか?

渡邉様:まぁワイン屋なんで、ワインに関わる曲がいいと思いまして選ばせてもらった曲なんですけど。フジファブリックというバンドの曲名は「ロマネ」って曲ですね。

奥富アナ:「ロマネ」って、ロマネコンティってよく聞きますね。

渡邉様:そうですね、フランスのブルゴーニュの村というか場所の名前なんですけど。あのワインって結構言い訳に使われることも多いじゃあないですか?いろんな弱い部分の誤魔化すためというか。そういう役割としても優秀だと思うんですよね。そんな感じが曲から出てていいなぁと思います。

多賀アナ:言い訳に使えるアルコールワイン。いいね、それが歌になるという。

奥富アナ:スロウカーヴの渡邉さんが選んでくださる曲、どんな曲なのか?この曲を聴きながらお別れ
です。ワインショップ&スタンド、スロウカーヴ代表の渡邉隆之さんでした。どうもありが
とうございました。

渡邉様:ありがとうございました。

奥富アナ:それではフジファブリックで「ロマネ」


※本記事は、RSKらじお「あもーれ!マッタリーノ」内「いいまちおかやま」で2020年8月5日に放送された内容を再編成したものです。


出演者

ワインショップ&スタンド スロウカーヴ
代表
渡邉隆之

ホームページ

https://www.wineshopslowcave.com

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。