• みせる
  • みせる(見せる・魅せる) インテリア
  • HOME
  • 記事
  • みせる
  • 江戸幕府の天領として発展した倉敷美観地区の街並みと日本夕日百選の夕景が美しい鷲羽山
美観地区

江戸幕府の天領として発展した倉敷美観地区の街並みと日本夕日百選の夕景が美しい鷲羽山

岡山県倉敷市にある倉敷美観地区は、江戸幕府の天領として倉敷代官所が設けられて以降、備中国南部の物資の集散地として発展した地区で、白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並び、天領時代の町並みが色濃く残る町並保存地区・観光地区。倉敷川畔伝統的建造物群保存地区の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

鷲羽山は、日本初の国立公園として知られる瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地で、鷲が羽を広げた様子に似ていることから「鷲羽山」と名付けられた。山頂からは、瀬戸内の静かな海に点在する島々と雄大な瀬戸大橋の姿を存分に楽しむことができる。特に夕景の美しさは格別で、「日本の夕陽百選」に選定されている。

【提供元:岡山県観光連盟】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。